【仕入れ失敗編③】メーカーからの抑制

先日は

仕入れ時の失敗要因となることについて
書きました。

【仕入れ失敗編①】モノレート使わない先読みせどりは失敗率が高い

【仕入れ失敗編②】仕入れ時に見込み利益があっても赤字商品に転落する可能性がある仕入れ方

仕入れ手法的にはミスがない場合でも

「メーカーからの抑制」

によって出品困難になる場合があります。

スポンサードリンク

商標権侵害

Amazon販売する上で
何でも販売していいわけではありません。

有名なことだと

「商標権の侵害」

関連でメーカー、Amazonから指摘を受けることもありますね。

僕も実際受けたことがあります。

Amazonから商標権侵害のメール。。対策方法は!?

仕入れ前の対策や

出品後に指摘を受けた場合の対応については
記事を参考にしてください。

記事に書いた対策をしていても

メーカーから指摘される場合もあるようです。

完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、

やはりフリマやヤフオク等で
ヘルビ関連を仕入れたら指摘を受ける可能性が高まります。

  • メーカー、問屋仕入れをする
  • 出品者が安定している商品

こういったことを意識して仕入れるだけで
指摘を受ける可能性は低くなるとおもいます。

実際僕は
もう長く指摘を受けていません。

出品金額を指定するメーカー

他には

「出品するなとはいわないが、最低価格を守れ」

というメーカーですね。

これは
メーカーが

「価格は自由に決めてもいいけど
これより低い価格では出品しないでね。」

といってきます。

Amazonは値下げ合戦大好きなプラットフォーム。

当然、
自社販売している商品が

他モールで
安い価格で販売されていたらいい話ではありませんよね。

商品みんなAmazonで買っちゃうし、
メーカーブランドにも安売りイメージがついてしまいますから。

なので
メーカーが指定する価格を下回って設定することが
できない商品があります。

「最低価格が存在するなら、値下げ合戦が起こらずいいんじゃないか?」

という考えもあるかとおもいますが

そういったメーカーって
仕入れ自体メーカーの公式サイトから直で買えることが多いです。

つまり
参入障壁が低く誰でも買えるということなので
あっという間に競合が増えます。

ランキングが10000位以下でも
最安値カートの出品者が10人以上もいると

まぁ中々売れません(^-^;

自分が
多少赤字叩いてもいいから早く売り抜きたいとおもって

値下げすることもできません。

僕はそのような商品で
一度価格を下げて販売していたら非常に長い文章で
脅しメールがきました。

「すぐに対応しなければAmazonに通報してアカウント影響でちゃうよ」

的なメールです。

なので
単純に損切するとかはできず、

気長に待つか、

急ぐならば他販路で裁くということになります

完全に防ぐことは難しいかもしれませんが
ある程度モノレートで予想できます。

  • 価格がずっと一定
  • たまに寝下がるがすぐに戻っている

こういった商品は
メーカーからの圧がかかっている可能性が高いです。

こういったモノレートは注意ですね。

赤枠のところが寝下がったところですが
実際僕が知らずに寝下げた商品です笑。

見事にAmazonも寝下げてきてますが。。

注意を受けたら
すぐに価格を戻すか

出品停止すればいいんで
商標権侵害メールがAmazonからくるより
ずっとマシだとはおもいます。

メーカーには逆らわない

このようなことは
本当のメーカーからではなく、

ライバルセラーによる
嫌がらせでくる場合もあるとの話も聞きますが

無駄に争うより
潔く退いて、

仕入れに力を入れる方が賢いとおもいます笑。

今後このようなメールがきたら
受け入れて素直に従ってその商品は扱わないようにしましょう。

ブログランキング参加しています!
1ミリでも役に立ったという人は応援の1クリックお願いします♪


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング