【初心者向け】Amazon自己配送

imgres-246x194

気づいたら前回の更新から
一週間たっていました(^^;)

遊んでいたわけではないんですが、
せどり関係で色々と追われていました。

まぁ自分の不手際で
次々と問題が発生して、

効率の悪い部分が多々ありました。

まぁ初心者の失敗として

『勉強代』として

考えることにしますー。

この期間にせどりだけでなく、

スロットの方も少しは稼働したので
次回は稼働記事書きます!(^^)!

今回とりあえず、
初心者さんがやる可能性がある
ミスについて書いていきたいとおもいます。

もしかしたら、

世間的には
常識範囲のことで

「初心者でもそんなミスしねーよ!」

ってことがあるかもわかりませんが
優しい目で見て頂ければとおもいますw

何回かに分けて
実際の失敗事例を書いていきますが

今回は
失敗事例ではなく

ここ数日で
配送に着いて
僕が感じたことを書いて

失敗事例は次の機会にしたいとおもいます。

ご覧ください。

スポンサードリンク

配送量は極力抑えたいが。。

自己発送で商品に注文が入った場合、
発送の準備をすることになります。

配送経験がない人は
どの配送方法かを考えるだけで
結構時間をとられます。

僕もそのうちの一人ですw

「配送料金が違うといっても
微々たる差でしょ」

とおもわれる方もいるかもしれませんが

物販業をしている身分からすると
その辺りの細かいところも
意識するだけで取れる利益が変わりますからね(^^

個人でたまに配送するだけの面では
いいとおもいますが

物販業で数多く商品を扱っていると
一つの配送につき
100円変わるだけでも

長期的に見れば
結構な節約になりますから(^^

色々な種類の商品を
どんどん自己配送していけば、

自ずと体に染みついてくるとおもうので
頭で覚えるというよりかは
体で覚える方がいいかも。
(僕は体で覚えたい派です)

配送は極力抑えたいところなのですが、

高額な商品等は
補償や、追跡サービスがある
配送方法の方がいいかなとはおもいます。

安さばかり優先せず、
万が一のときのことを考えないといけませんね(^^;)

自己配送は意外と忙しい

正直、
自分でとりかかるまでは

「FBA納品作業も、自己配送も
そんなに労力変わらんやろ」

と考えていましたが
そうでもなかったですw

慣れていないという部分も大きいと
おもいますが、

結構時間とられました(^^;)

もちろん扱う商品によりますが

最近では
新品本の大量事自己配送をしていたので。。

img_5287

実際にはこの写真より
後からどんどん増えています。

(サンデーSの縦積みはプレ狙い失敗ですので
スルーでお願い致します。)

これだけの量で
一つ一つ発送先も違うわけですから

そりゃFBAより時間かかります(^^;)

自己配送を使うパターン

自己配送するか
FBA使うかは人それぞれだとおもいます。

というよりは

「商品による」

って感じですかね~。

僕も基本FBAメインですが、
商品によって自己配送を利用するスタイルです。

代表的なところでいうと

  1. 大型商品で保管料を考慮すると自宅保管が賢明
  2. 寝かせ商品の長期戦になるので自宅保管が賢明
  3. 一時のプレ値の商品の為スピード勝負。
    自己配送で最速で売り抜く。

最近に追われていた自己配送は
3番のやつです。

要はプレ値で一時的に相場が崩れている商品なので
相場が戻る前に最速で売り抜かなければならない商品

特にまだプレ商品も扱いが慣れていないので
相場の動きも慣れていませんし、

結構最安値でバンバン売りました(^^;)

それによって1日で数が入るので
追われる形となりました。

まとめ

自己配送をする場合は、

扱う商品と相場状況、
倉庫費等を考慮しながら

FBAとどちらが効率がいいかを
検討するといいとおもいます(^^)

僕のような
はじめたての方は

自己配送の流れ、
配送会社の特徴や、料金を知る為にも
やる価値はあるかとおもいます!

僕も配送関係は
まだまだなので

これから少しづつ
覚えていきたいですね(^^)

ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング