【Amaoznせどり】複利で回す場合は定期的に在庫回転をチェックしよう

複利

物販の旨味の一つとして

「福利で回す」

というところがあります。

複利とは

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。

Wikipediaより引用

物販で得た利益を
次の仕入れ費用に回して

雪だるま式にお金を増やす

ということです。

つまり
複利で資金を回す場合は

在庫をどんどん回転させる必要がある

ということですね(^^)

スポンサードリンク

在庫回転率のチェック

Amazonセラーセントラルから
在庫回転率を見ることができます。

1.セラー在庫から「在庫健全化ツール」を選択します。

在庫健全化ツール

2.「FBA在庫の保管日数」で確認

保管日数

僕個人は

在庫の約87%を3か月以内で売っている

という状況です。

残り13%は
3か月~半年以内で売っている

ことになります。

個人的に回転率は意識して
仕入れしているんですが

やはり

  • 急な値崩れ
  • Amazon復活の長期化

この状況に対応して
値下げや損切りをしなければ

3か月以内に売れると踏んだ
商品でも売れ行きが悪くなります(^^;)

個人的に損切りは余りしないんですが

待つことで
利益生めそうになければ

泣く泣く損切りします。

FBAを利用していれば

返送かけない限り
保管手数料でじわじわと利益けずられますから

どこまで待つかは商品事情によって
変わります。

要期限管理の商品で

期限が近くなってきたものは
売れなければゴミですからね(^^;)

回転率が悪い商品や閲覧数の低い商品もチェック

FBA在庫の保管日数の下にある

「詳細」から

  • 低い購入転換率
  • 低い閲覧数

の確認をすることが
できます。

低い

低い購入回転率は
モノレートランキングで
ある程度把握できますが

いちいちモノレートで確認するより

このように表示されている方が

どの在庫が動きが悪いのか?

ということが
一目瞭然ですね(^^)

在庫量が膨大な場合は
管理が中々面倒ですが

定期的にチェックするのが
おすすめです!(^^)!

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング