【Amazon】メディア製品(書籍・CD・DVD)の配送料が自由に設定できるように。1円本で稼ぐ時代は終わりか

値上げ

Amazonでの
メディア製品(書籍・CD・DVD)関連の商品の
配送料設定が独自の料金を設定できるようになりました。

併せて

成約料、手数料関係にも変更があるようです。

スポンサードリンク

メディア商品の配送料を細かく設定可能に

出品者様

こちらのメールはメディア製品(書籍・CD・DVD)を販売している大口出品者様にお送りしております

この度、当サイトのAmazonマーケットプレイスにおけるメディア製品(書籍・CD・DVD)の販売に関するサービスの変更予定について、以下のとおりご案内申し上げます。

現在、当サイトでは、メディア製品(書籍・CD・DVD)のお客様向け配送料を一律に設定しておりますが、出品者様の配送の実態に即した柔軟な配送料の設定を可能とする機能を、2017年10月下旬から提供させていただくことを予定しております。なお、現在ご利用中の配送設定および配送料金については、同機能の提供開始日以降も引き継がれますが、設定内容を再度ご確認の上、本機能改善のタイミングに合わせて、必要に応じて設定をご変更頂きますようお願いします。

また、上記の機能改善と併せて、メディア製品(書籍・CD・DVD)の販売手数料・カテゴリー成約料につきましても、以下の改定を行います。改定後の販売手数料・カテゴリー成約料は、上記機能の提供開始日の受注分から適用されます。改定内容をご確認の上、ご準備の程宜しくお願い申し上げます。

これまでは

メディア製品(書籍・CD・DVD)に限っては
自己配送料が一律257円で統一されていました。

配送料

メディア商品に限っては257円以外で設定できないので
他出品者との送料での差別化ができませんでした。

最低でも257円で送料を設定しなければいけなかった為に
1円本でも利益が出せていました。

差別化はできるのか

個人的に
メディア商品の配送料が変更できるようになったといっても
差別化するのは難しいかなとおもいます。

そもそも額が小さいんですよね(^-^;

メディア商品であれば

  • クリックポスト
  • スマートレター
  • ゆうパケット
  • 定形外郵便

この辺りが主流となってきますが
それぞれの配送料の差額が小さいですからね。

メディア商品専門のセラーで
月に何百何千と自己配送メインで販売している
セラーなんかは

特約で一つ辺りの送料が
圧倒的に安い人は有利かとおもいます。

1円本で利益を出す方法が難しくなる

今でも商品代金が1円の中古本は
たくさん出品されていますよね。

これは
配送料が他の出品者も統一して
257円で統一されていたから

利益が出せていました。

これが
各自好きなように配送料が決めれるとなれば

当然そこには
配送料が価格競争が起きる可能性もありますね

そもそも小さい差益のところに
価格競争が起きるのはキツイです(^-^;

送料含めた料金から手数料が発生する

手数料とカテゴリ成約量に若干の改悪があります。

書籍のカテゴリ成約量は20円値上げ(CD・DVDは値上げなし)、
販売手数料は販売額と送料を合わせた金額から
手数料が算出される(書籍・CD・DVD共に)
ことになるようです。

[商品のカテゴリー]
書籍

[手数料計算方法:上記機能の提供開始日前]
販売手数料:商品価格×15% + カテゴリー成約料60円

[手数料計算方法:上記機能の提供開始日以降]
販売手数料:(商品価格+送料)×15% + カテゴリー成約料80円
———————————————–
[商品のカテゴリー]
CD/DVD

[手数料計算方法:上記機能の提供開始日前]
販売手数料:商品価格×15% + カテゴリー成約料140円

[手数料計算方法:上記機能の提供開始日以降]
販売手数料:(商品価格+送料)×15% + カテゴリー成約料140円

送料含めて手数料がかかってくるので
なおさら送料を低くする出品者が増えるのではないでしょうか。

まとめ

  • 書籍カテゴリ成約量が20円値上げになる(CD・DVDは値上げなし)
  • 自己配送の販売手数料が送料も含めた金額から算出される
  • FBA販売で影響があるのはカテゴリ成約量の値上げのみ
  • 1円本販売は厳しくなる
  • 変更開始日は2017年10月下旬(予定)

今回の改定は
メディア商品の自己配送に関係することなので

FBAオンリーや
メディア商品をほとんど扱わない
の出品者には関係ないお話となっています。
(カテゴリ成約量はFBAも影響します)

個人的にはあまりメディア商品は
扱わないし、

メディア商品の自己配送もほとんど行わないので
大きな影響はありません。

ただ
こういった改悪が少しづつ色んなカテゴリで
起こってくることも全然ありえますね(^-^;

「Amazonの急な仕様変更はよくあることだから
それはそれで順応するだけ」

とよくいう人がいますが
本当に順応できている人ってどのくらいいるんですかね~。

こういった小さな改悪ならいいですが
以前に起きた

「任天堂関連が一気に出品できなくなった」

これは幸いシステムエラーでしたが
こういうことが本当にあらゆるカテゴリーで起こってきた場合に

平気な顔できるセラーはほとんどいないでしょう。

大きな業者ならともかく
僕のような個人のせどらーは

まだまだAmazonに依存していますからね。

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング