【Amazon】出荷パフォーマンスの出荷前キャンセル率が大幅にダウン

Amazonの出品者の健全性を数値化している機能として

アカウント健全性なるものがあります。

普段販売していく上で細かくチェックすることは
ないんですが

たまに確認することがあります。

特にミスを起こさず
淡々と販売を続けていけば

大きな影響を受けることはないんですが

たまにのミスでも
目立つ数値に表れたりします(^-^;

スポンサードリンク

出荷前キャンセル率が悪化

セラーセントラルホーム画面の

パフォーマンス→アカウント健全

から注文不良率や出荷遅延率を確認することだできます。

自分のアカウント健全性を
確認したところ。。

目標値を大幅に上回っとる。。笑

目標値は2.5%未満。

100件販売した内の2件までなら
目標範囲内とうことになります。

僕は1件しかキャンセルしていませんが
自己配送分で販売したのが

たった8件のみだった為、

1件キャンセルしただけでも
大きな数値となって表れるわけです。

注文キャンセルした理由

これは完全な管理ミスの上で起こりました。

自己配送設定で、
すでに在庫を切らしている商品が

手違いで在庫1として出品中になっていたんですね(^-^;

気づいたときには
時すでに遅しで

注文が入ってしましました。

注文確定前の保留中の段階で
キャンセルしたのですが

それでもキャンセルしたことには
変わりないのでパフォーマンスに影響出てしまいました(^-^;

アカウント運営にどれほど影響が出るのか

カスタマーに現状を説明して
アカウント運営について確認したところ、

「今すぐ停止になるとか、アカスペから連絡くることは考えにくい」

という回答でした。

ただ、

「短期的に同様のことが続けば、アカスペからの連絡や停止に繋がる可能性はある」

との回答も頂きました(-_-;)

しかし、

時間がある程度経過した段階で
ミスがなければ

悪化したキャンセル率は
元に戻るそうです。

今後は細心の注意を払う

悪意がない、
出品間違えでキャンセルをしてしまっても

続けてミスをしてしまうと
アカウント保持に関わってくる問題をなります。

実店舗と違って
ネットはデジタルな出品方法だけに

こういったミスは稀に起こってしまう
可能性があります。

。。といっても
自分が現在扱っている在庫数を考えると

ミスを起こすほどの在庫数を抱えているわけでは
ないので

ただのぼんくらミスなんですが笑。

マジで短期で同じミスは
起こさないようにします。

ブログランキング参加しています!
1ミリでも役に立ったという人は応援の1クリックお願いします♪


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング