【Amazon】突然の商品削除のお知らせ。。

確定申告されましたかー?

今日で締め切りですが

ケツに火がつかないと動かない僕は

本日駆け込みで終わらせてきました(^^;)

青色申告10万控除の方でパソコンで作成して、

最終日夕方に税務署いったら

最終日は全然混んでなくてサクッと
提出できました(^^)

みんな遅くても前日には出すから
混雑回避するなら

逆に最終日が楽ですね!

2016年分は
たいした売り上げもないんで

青色10万控除を自分でしましたが

2017年は税理士さんに丸投げする為に

最近税理士さんと契約してきたんで
またその辺りも書きたいとおもいます。

前置きが長くなりましたが
今回はAmazonから突然きた

「商品削除のお知らせ」

について書いていきます。

スポンサードリンク

商品削除のお知らせメール

警告

いつもの平和な日々に相変わらず突然
ほりこまれる

Amazonからのメール。。

今回の概要は。。

商品削除

出品者には
かなり恐ろしい文言が入っています。。

「販売に係るすべての権利が剥奪される」

これは
サラリーマンにおける

「解雇警告」

のようなものです((((;゚Д゚))))

いきなりの通知で焦りますが

文面から内容を読み取るに

「承認・認証の確認が取れない医療機器」

を取り扱っていたことに対しての
指摘になります。

確かにAmazon規約上では
承認・認証の確認が取れない医療機器は取扱い不可
となっています。

それはAmazonで販売する上でのルールに
なので

逆らう気は毛頭ないんですが

今回のケースは腑に落ちないことが。。

元々は家電カテゴリで出品されていた商品

今回指摘された商品はこちら↓↓↓

オムロン

オムロンはたくさんの種類が出品されていますが

今回削除指摘を受けたのは

「HM-255」

になります。

現在はカタログ自体存在しないんですが

僕が出品した当初の
2016年夏頃には

家電カテゴリとしてカタログがあり
普通に相乗り出品していました。

そして普通に売れていきました(^^;)

つまり

家電カテゴリで出品されていた商品が
いつのまにやら健康器具商品に変化を遂げていた

ということが
知らぬ間に起きていました(^^;)

在庫なしの状態で削除

  • 販売している在庫はなくSKUのみ残っていた
  • 家電カテゴリで販売されていたのが、医療器具に知らぬ間に変更されていた
  • 家電カテゴリで出品して売れてから
    補充販売していなかったのですが

    SKUが残っているから
    過去に販売してたということで

    警告メールがきたという感じですね。

    医療器具商品リストは存在しない

    今回指摘を受けた商品以外にも

    医療器具に該当される商品があれば
    削除するように促されましたが。。

    専門家でもない僕は
    どの商品が

    医療器具なのかはわかりません(^^;)

    Amazonにリストがないか問い合わせたところ

    「ご自身で健康器具の疑いがあるものをリストアップして
     問い合わせてください」

    とのことでした。。

    少しでも疑いがある商品はAmazon出品しない

    厳しい規約がある割には
    禁止商品のリスト化が
    できていないという理不尽さ。。(^^;)

    家電カテゴリで出品できたものが
    通知なしで健康器具扱いになり

    いきなり脅しメールを
    送りつけてくるAmazon。

    やはりいつもAmazoに
    心臓を握らていると感じます笑

    オムロンは今回指摘受けた型番以外は
    普通に出品されていますが

    いつAmazonから指摘受けるか
    分からないので

    オムロン系は
    とりあえず出品を控えることを
    推奨します。

    人気ブログ村参加しました!!
    応援の1クリックお願いします(^^♪


    せどり ブログランキングへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    相互RSS






    このページの先頭へ

    アクセスランキング