【Amazon】FBAマルチチャンネルの無地段ボール対応倉庫拡大、FBAキャリアパートナーも対応

無地段ボール

以前記事にした
マルチチャンネルですが

Amazon FBAマルチチャンネルのメリット・デメリット

6/12より、
マルチチャンネルの無地段ボールを
全倉庫で利用できるようになります(^^)

スポンサードリンク

無地段ボールのメリットとは

Amazonマルチチャンネルについては
以前に記事にしていますので
詳しいことは割愛しますが

簡単にいうと

FBA倉庫に保管している自分の商品を
他販路(ヤフオク、楽天市場等)で購入してもらった
お客様にFBAが配送してくれるサービスです。

以前、

ヤフオクや楽天市場で購入した商品が
Amazonロゴの段ボールで届いた!

っていうのが
ネットニュースで話題になっていました。

一般ユーザーで
FBAマルチチャンネルの仕組みを理解している人って
そうそういないですからね笑

僕自身、
物販とかやってなくて

ヤフオクで購入した商品が
Amazonロゴが入った段ボールで届いたら

少し変におもうとおもいます。

まして、
購入した商品が商品代金が
Amazonより高かった場合は

「Amazonで購入した商品を
転売して送られてきた」

とおもう人は多いですよね(^^;)

こういったことから、
FBAマルチチャンネルを利用して
他販路で併売する場合は

Amazonロゴがない無地段ボールを利用することで
無駄なトラブルを起こす必要がなくなるわけです。

無地段ボールを利用できる倉庫

これまでに無地段ボールに対応していた倉庫

  • 小田原(FSZ1)
  • 川島(HND3)
  • 大東(KIX2)
  • 川越(NRT5)

6/12以降に対応する倉庫

  • 八千代(NRT2)
  • 市川(NRT1)
  • 堺(KIX1)
  • 多治見(NGO2)
  • 鳥栖(HSG1)

申請方法

申請方法の詳細はこちらに詳しく記載されています↓↓↓

Amazonヘルプページ

1.上記URLのAmazonヘルプに「こちらのテンプレート」と記載されているのでクリック

2.表示されたテンプレートをコピペして、「jp-fba-mcf@amazon.com」宛にメールを送信

上記の手続きで後は
Amazonからの設定完了連絡待ちの流れです。

簡単ですね(^^♪

無地段ボールを指定してもFBAキャリアパートナーは利用可能

無地段ボールの指定をしても
FBAキャリアパートナーは利用できるようです(^^)

キャリアパートナーは無料なので
無地段ボール指定できる倉庫が増えたメリットは感じにくいですが

無料サービス終了後には
恩恵を感じれるとおもいます。

注意点としては

「92cm×40cm×35cmの箱に収まらない大型商品は、Amazon.co.jpのロゴ印刷のあるダンボールで出荷されます」

とのことなので
そこは理解しておきましょう!

マルチチャンネル自体を利用するかは
人それぞれですが

利用している方は
申請しておきましょう(^^♪

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング