【Amazonせどり】店舗仕入れ電脳仕入れ メリットデメリット

前回は
新品・中古それぞれのメリットデメリットについて触れました。

【Amazonせどり】新品と中古それぞれのメリットデメリット

今回は
大きく2つに分類される仕入れ方の

  • 店舗仕入れ
  • 電脳仕入れ

これらのメリットデメリットについて
書いていきます。

スポンサードリンク

店舗仕入れ

メリット

  • チェーン店仕入れで利益取れる商品があれば、他店在庫も回収しやすい
  • 家電量販店等は値引きがしやすい
  • セール情報を事前に調査しておくことで効率を上げられる
  • 廃盤商品が安値で残っていることがある

デメリット

  • 移動時間・交通費等の経費がかかる
  • 人が多い店舗等はビームリサーチ等しづらい
  • 店舗によっては転売をよくおもわない為、仕入れだと気づかれないように気を付けなければならない
  • 郊外店舗では在庫の入れ替えが遅い

電脳仕入れ

メリット

  • 店舗移動がないので時間・交通費等がかからない
  • 店舗と違い24時間なので時間にしばられない
  • パソコン、スマホがあれば仕入れができる

デメリット

  • ネット環境なので全国がライバル
  • スピード勝負仕入れな面がある
  • 商品のコンディションを実物確認でなく、画像確認となる
  • フリマでよく出品されるヘルビ系は圧倒的値下がりになる場合がある

初めにとりかかるなら

せどりを始めたばかりの段階なら

店舗仕入れの方がとりかかりやすいとおもいます。

せどりをする上で
派生させていく思考はとても大事になってくるのですが

電脳→店舗

の派生よりも

店舗→電脳

の形で派生させていく方が
やりやすいです。

電脳仕入れで必要とされる

「熱いキーワード」

というのも
店舗で培った経験値から生まれる
ワードもあります。

リサーチの面でも

電脳だと商品の数が膨大すぎて
どこからリサーチすればいいのか。。

となりがちですが

店舗の場合は

店舗の中のみ
しっかりリサーチすればいいわけです。

ライバルも
電脳だと未知数ですが

店舗の場合は
ライバルの数は限られてきます。

こういったことから
初めの段階は店舗せどりおススメです!

僕もまだまだ店舗メインです(^^)

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング