【Amazon規約変更】Amazon仕入れ、個人仕入れは新品・未開封品でも新品販売不可に

最近暑さもも落ち着いて
過ごしやすくなってきたところに

Amazon規約に大きな変更がありました。

今回の変更は
一般的な手法のせどり仕入れしている人に
大きく関係してくることなので

参考にしてください。

スポンサードリンク

今回の規約変更点

「新品」として出品禁止の商品
以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。
・個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
・メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
・Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

上記3点が
今回の規約内容変更となります。

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

これはそのままの意味で

完全な個人から仕入れた商品です。

メーカーや問屋仕入れは勿論、
店舗仕入れも問題ないですね。

ヤフオクでも

  • ストア出品
  • 取引評価が1000以上ある出品者

こういった場合は
ほぼ間違いなく個人事業主以上かとおもいます。

フリマはストア出品がないので
取引数で個人事業主以上かどうか

ある程度予測する感じになりますかね~。

メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

これは従来の

「新品・未開封品でも保証印が押されている場合は
新品出品不可」

というのと
何が変更になったのかいまいちわからなかったので
問い合わせしました。

これに関しては
変更ではなく、再確認してもらう意味での
再アップ
だそうなので

特に大きな変更ではありません。

※以下誤った情報を記載しておりました。
何人かのカスタマーに確認したところ、
ゲーム機本体にも適用される規約変更との回答が
多かった為、ゲーム機本体にも適用されるというのを正とします。
詳細は下記記事に書いています。

【訂正】Amazon規約変更に伴いゲーム機本体も保証規約適用に

保証印が押されていても新品カテゴリで
出品できるゲーム機に改悪があったのかとおもいましたが

カスタマーによると
ゲーム機は従来通り保証印押されていても

新品カテゴリで出品できるようです。

【Amazon】保証印を押されていても新品で出品可能なカテゴリ

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

これもそのままですね。

マーケットプレイス出品者は勿論、
Amazon本体もダメです。

Amazon限定商品は
Amazon上では新品ではもうだせませんね(^-^;

Amazonで仕入れるの事態は
規約違反ではないので

他販路でも
利益とれる場合はガンガン仕入れするべきです(^^♪

今回の変更に大きく関係するセラー

今回の変更で
仕入れ面で大きく影響してくるのは

  • ヤフオク仕入れ
  • フリマ仕入れ
  • Amazon刈り取り

この辺りを
収益のメインとしているセラーですね。

  • 専業
  • 店舗仕入れ、問屋、メーカー仕入れ一切しない
  • ヤフオク、フリマ仕入れが収益のメイン

上記に当てはまるセラーは
方向転換する時期かなとおもいます。

勿論、
僕もこれらすべての仕入れ方法を
これまで使用してきました。

Amazon、
フリマ仕入れオンリーというわけでは
ないですが

これらの仕入れを
今すぐ一切やめると売り上げに影響はでます(^-^;

今回の変更規約に抵触することへのリスクは

発信者で
ネガティブ発信している人がいる裏で

「規約変更上等!対応よゆーwww」

みたいな
無駄に強気な発信者もいますが

今回の変更は間違いなく改悪ですからね。笑

Amazon仕入れを自分のアカウントを使わずに
身内、友達、従業員、外注等のアカウントと分けて

仕入れすればリスク軽減にはなりますが
完全なシロでないですし、

手間も増えます。

正直、
Amazonも何か問題が起きない限りは
仕入れ先確認を行わないですし、

これまで通り
フリマやヤフオクで仕入れを続けても

クレームに繋がるような商品を販売しなければ
問題になる可能性は低いと思います。

しかし
これからはAmazon規約に違反した行為を
続けていくことになるので

その辺りをしっかり認識したうえで
行うべきです。

Amazon、フリマ、ヤフオク仕入れは終焉なのか

今日は色々な発信者が
今回の規制に関して

「Amazon刈り取り終了~」

「ヤフオク仕入れオワコン」

みたいな超ネガティブな
内容を書いている人もいるみたいですが。。

個人的な意見をいうと

「終焉とまではいえない」

ということです。

別にAmazon仕入れや

ヤフオク仕入れが犯罪でもなければ

仕入れること自体は規約違反でもないわけです。

例えば、

今後は「Amazon限定」とタイトルについた商品に関しては

Amazonでしか仕入れが不可能な商品です。

これを新品で出品することは
全員が不可能なわけです。

つまり、
Amazon限定でAmazon在庫切れが起きている商品は
全員が中古カテゴリの「ほぼ新品」で出品する為、

土俵は同じということです。

普段の刈り取りでも、

刈り取り仕入れ価格で

Amazonのほぼ新品や、
フリマやヤフオクで価格差が取れれば
仕入れはできるわけです。

Amazon 返答

念のためAmazonに確認したところ、

「Amazonの仕入れを禁止しているわけではなく、仕入れた商品をAmazonで新品で販売することが禁止」

という回答でした。

今回の変更は一つの分岐点になる

今回の規制で

  • Amazon刈り取りやフリマ仕入れからは一切手をひく。
  • 今後も抜け道で刈り取り、フリマを続けていく

という感じでそれぞれの考えで分かれていきますね。

僕の身近な同業者も
手を引く人と続けていく人と両方いました。

続けても犯罪ではなく、
Amazonの中での規約違反なので
続ける人は続けていくのもいいんではないかとおもいます。

どのジャンルでもリスクを取る人は
それが例え短期的な利益であっても
稼げるのは間違いないですからね(^^)

これからも続けるのなら

  • 刈り取りアカウントと販売アカウントが紐づかないようにしっかり分けて管理する
  • 自分の購入アカウントで刈り取った商品をAmazon新品で売るならサブアカで販売する

まぁ
最低限このくらいはやって
続けていくことを推奨します。

今後必要になってくること

結局、
今回変更のあった規約に違反した場合に
どのいった処置がとられるかはわかりません。

個人的には
一発で垢バンやアカ停は考えにくいとおもっています。

というのも
今回の件って

「重要お知らせ」

として
メールで通達きてないんですよね。

シレっと
規約変更部に記載されていて

気づいた人が発信して
拡散された形です。

「バレる可能性も低く、
ばれてもアカウント停止にはつながらない」

ってことで
続けていいのは

本業ありきの副業の人かなと個人的にはおもいます。

専業の人は
Amazon主軸で飯食ってるなら

これを機に
本格的な方向性を考えていくべきかなと。

僕個人の今後は、

本格的にメーカー・問屋仕入れをメインとして
いく必要がある
とおもっています。

併せて販路の拡大。

結構急ピッチで
進めなければ。。って感じです。

今回の規約変更前から、

コンサルを受けて勉強しているのが
メーカー、問屋仕入れです。

自分が問屋、メーカー仕入れに取り掛かって

すぐにこういった規約変更があり

とりかかっておいてよかったとおもう反面、

今回の規制でメーカー、問屋仕入れを強化する
セラーが急激に増加するのではないか。。

と少し危惧しております。笑

Amazonで取り扱われている
商品はたくさんありますが

現在僕がメーカー、問屋仕入れできる
商品は誰でも参入してきやすい商品が多いですからね。。

メーカー、問屋仕入れでも
参入障壁の高い商品を扱っていかなければ

メーカー仕入れでも大きく稼ぐことは
難しいと感じています。

まとめ

相変わらず急な規制が入りましたが

毎度いっているように
今後もどんどん規約変更してくるとおもいます。

書いた通り、
終焉とまではいえませんし

今すぐどうこうなる問題では
ありませんが

Amazonやヤフオクでの
仕入れ幅、利益額が減るのは
間違いない
とおもいます。

Amazonで新品をほぼ新では
販売価格差あるのが当然ですし、

ヤフオクやフリマで捌けるといっても

一番高く、売れるスピードははやいのは
やはりAmazonでの新品販売です。

それを考えると
今回の規約変更も

「改悪」で間違いないですね。

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング