佐川の荷物蹴ったり、ヤマトのアマゾン多すぎの悲鳴。。ドライバーに感謝を持って接しよう

%e4%bd%90%e5%b7%9d

今日で仕事納めの方が多いとおもいますが
個人で事業やられている方も

この辺りで仕事納めする方が多いかとおもいます。

仕事納めも
仕事始めも自分のさじ加減で決められるところが
個人事業のメリットの一つですね(^^)

この時期は物販事業している人に限らず、

なにかと配送業者を使う機会が
普段より増えているとおもうのですが

最近佐川やヤマトの
過酷な現場状況が耳に入ってきますね。。(^^;)

スポンサードリンク

佐川従業員、荷物をたたきつける

YouTubeに12月6日、佐川急便の配達員が、荷物を投げたり、蹴ったりしているとされる動画が投稿された。動画は1分35秒間で、12月6日午前11時50分ごろに撮影したことが説明にある。マンションの前で、佐川急便の配達員らしき男性が、荷物を蹴ったり、放り投げたりと手荒に扱っている。荷物がある場所に台車を放り投げてもいる。

佐川急便が配達員の荷物叩きつけ認める 「弊社の従業員で間違いありません

動画はこちら

動画を見ましたが
中々に荒れていますね。。(^^;)

該当ドライバーは

  • 身勝手な感情でやってしまった。いろいろなイライラが重なっていた。
  • 初めてやった
  • とコメントしています。

    このイライラの感情が
    社内内部事情によるものなのか、
    客先に対する感情なのか、
    プライベートの問題に対する感情なのか、

    ニュースの文面だけでは
    読み取れなかったです。

    。。が、

    個人的には
    過酷な業務スタイルからのストレス爆発

    この線が濃厚ではないかと
    おもっています。

    もしくは
    余りにも酷い対応の客先がいたか。。
    ですね(^^;)

    ヤマトでは「アマゾン多すぎ」の悲鳴

    「12月に入って、3キロも痩せました」。首都圏のヤマト運輸に勤めるAさんは、入社10年以上のベテランセールスドライバー。体重が減るのは、長時間の肉体労働に加え、昼食の時間が取れないためだ。「荷物が多くて、まとまった休憩が取れません。12月は、お歳暮、クリスマス、おせちと1年で一番忙しい。朝7時半から夜11時くらいまで働いています」実質的な時間外労働は「過労死ライン」と呼ばれる月80時間前後。「僕だけでなく、大半がそんな感じで働いているんです」

    「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態

    内容を要約すると

  • 2015年の宅配便は37億4493万個で、10年間で約8億個(27.3%)も増加
  • ヤマトには配送によるインセンティブがあるが、宅急便は1個につき20円程。
    50個積んでも1000円ちょっとなので労力と見合わない。
  • このような内容となっています。
    (全文はソースで確認お願いします。)

    人口減少が問題となっている昨今、
    配送物は増え続けるという。。

    これだけ色々なネット販売が普及して
    スマホ1台で注文できる世の中なので

    必然の流れですね(^^;)

    ユーザーの声

  • 過酷な現場を想像すると通販を控えたくなる
  • 自分で買いに行けるものは買いに行こう
  • コンビニ受け取りのような、受け取りできる店舗をもっと増やす
  • 現場の限界を感じる
  • ect。。
  • 意外と皆さん優しい意見が多いです笑

    物販をしている身分としては配送業者は血管のようなもの

    仕入れをして、

    ネット上で販売し、

    売れてから購入者に商品が無事に届けられて
    初めてお金を貰うことができます。

    商品リサーチや仕入、
    ネット販売までは個人でできます。

    配送を個人でとなると不可能ですよね。
    (個人で別で配送業を営むなら別ですが)

    物販を人間の体でなぞらえるなら、

    仕入れ⇒心臓

    配送⇒血流

    のような仕組みなので

    「血液」

    が作られても
    血液を循環させる

    「血流」

    が止まってしまっては
    体が昨日しませんね(^^;)

    血流がなんとか流れても

    流れが悪かったり、

    悪い血液が流れていたりすると
    体に悪影響を及ぼします。

    やはり物販をしている身としては
    配送業者とは
    良好な関係を保つのが自分のためになると
    おもいます。

    今回の佐川のような動画をみて
    勿論ひどいとはおもいましたが

    相手も人間。

    何に対しての怒りでこのような
    行動にでたかはわかりませんが

    荷物を引き渡すときや
    集荷にきてもらったときは

    誠意をもって対応するのが
    自分の荷物を少しでも安全に運ぶことに
    繋がるとおもいます。

    もちろんそれだけが理由ではなく、
    配送業者さんの頑張りのおかげで

    飯が食えているので

    感謝の気持ちをもちづづけることですね(^^)

    人気ブログ村参加しました!!
    応援の1クリックお願いします(^^♪


    せどり ブログランキングへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    相互RSS






    このページの先頭へ

    アクセスランキング