何かを得るには、何かを捨てる

ちょっと雑記関係を書きたくなったので、
今回は何かを得るには何かを失う
的なことを書こうかなとおもいます。

このフレーズ事態が使い倒された感がありますが笑

現に僕自身が、
ここ最近に関しても痛烈に感じていることなので、
思いを吐き出す感じで書きます。

スポンサードリンク

ブログを始めたことによって、圧倒的に稼働時間が減った。

僕はご存知の通り、今年に入ってからブログを始めました。

パソコンに関しても、ブログ作成に関してもズブズブのど素人です。

まだ生まれたてのブログ、
赤ちゃんでいうところの首も座っていない状態、
いわばわからないことだらけ、
知らないことだらけでギャーギャー泣いているような状態です。

5520d8e9118d7c2c980737c097dcf0d0_s

なので、仕事や稼働、プライベートの合間をぬって
ぼちぼちやろうかなとおもっていたのですが。。。

甘かったです。

ブログ始めたら多少は稼働時間減るとは考えていましたが、
本心を言うと稼働一旦完全に休みたいくらい時間がないですね(>_<)

huan

しかし、現状はブログの内容をスロット稼働メインにおいているわけなので
稼働をゼロにするわけにはいかないのです。

過去の稼働内容を上げていけば、いくらでもネタはありますが
ブログタイトルのタイムリーに反しますし笑(そもそも過去のはブログ書くようの詳細メモとっていない(^^;)

スロでの収支が落ちても、とりあえずは本業サラリーのほうがあるので
食うには困りませんが、スロットで期待値稼働していれば
最低でも時給二千円ほではとれるわけです。

対して、ブログって収益化するまで時間を結構要します。

ブログをやられて現在収益化に成功している人でも、
立ち上げ初めは形になるまでは時間かかりますし、時給でいうと本当の初期は何百円
何十円、もしかしたら何円とかっていう時期を乗り越えて成功しています。

つまり、期待値稼働で得られる時給を捨てる代わりに、
ブログ勉強する時間を得たわけです。

どうしても初めは時間を投資しなければなりません。

今の僕は、ブログという媒体を自分のいち早く自分のものに
するために、今まで稼働に使っていた時間を、ブログ勉強の時間にあてました。

ブログ始める以前は、時間を犠牲にして稼働

ブログを始める前は、使える自由な時間を稼働にあてていました。

僕はサラリーマンの為、自由な時間が多いとはいえません。
休みの日や、仕事終わりって遊びにいったり、
DVD見たり、家でゆっくりしたということに主に時間を使いたい

というとこが本音だったりするわけです。

たまに気晴らしにパチスロみたいな(‘ω’)

じゃパチスロやめれば
と、思われるかもですが、
そこはお金ですよね笑

お金を得るために、本来ゆっくりしたい時間を稼働に充てているわけです。

「お金を得るために、娯楽を捨てた」

そんな感覚です。

やはり、お金を稼ぐためにパチスロするのって
娯楽とはまた違いますからね(^^;)

もちろん、元々パチスロは趣味で打っていたし、好きで楽しいけど、
期待値を追う上では、好きな台ばっかり打てないし、
下見や店舗移動、新台導入毎、知識(ハイエナのみなら知識量は
そこまでいりませんが)を入れるなど、
稼ぐことに特化して継続していくとなると
「今日も稼がなきゃ」
みたいな感じになって、義務みたいになっていましたね笑

結局、パチスロも自分でホール下見して、
翌日自分でホールに向かい、
自分で台を探し自分で打つ、
といった時間を投資した労働
ということになります。

なので、初めはしんどいけれど仕組みを構築すれば、
パチスロよりは時間型労働にはならないブログを
勉強してみたくなりました。

もちろん、自分が色んなブロガーさんの記事を読むのが好きで、
単純にブロガーになりたかった側面もあります。

まぁこの辺りは、また機会があれば記事にします。

hide with spread beaver  ever free に学ぶ

この記事のアイキャッチ画像にしている画像なんだかわかりますかね?

hide with spread beaver の「ever free」って曲の
シングルジャケット写真です。

hideさんの死後に発売されたのもあって、ロングセラーでしたね(^^♪

歌詞の内容は
「夢を追えば自由を切り売りする羽目になり、
自由を求めると夢は追えない。でも、そうやって試行錯誤し続ける姿自体が、
すなわち恒久の自由=ever freeなのではないでしょうか?」

このようなことを歌ってます。

今回の僕がいいたいことに似ている(?)ような気がしたので
アイキャッチ画像にしてみました(^^♪

中高のときよく聞いてましたね~♪

最近はⅩ Japanも活発になってきて、若いファンの方も増えているみたいです。

聞いたことがない方は、機会があれば是非聞いてみてください♪

ご覧いただきありがとうございました!
 

スポンサードリンク

日本ブログ村に参加しています!
励みになりますので、
応援の1クリックしてもらえると喜びます(^^♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング