効率よく立ち回るために。下見も技術介入の一つ

期待値稼働する上でメインとなる立ち回りは、

  • 天井狙い
  • ゾーン狙い
  • 天国狙い
  • リセット狙い
  • ハイエナ稼働ではこの辺りが主流ですね。

    上記の立ち回りをする上で下見しなくとも、
    立ち回ることはもちろんできます。

    しかし、前日下見をすることによって
    翌日のホールの見える景色が圧倒的に変わってくるんです。

    スポンサードリンク

    下見の効果が最大限に活かせるのは朝一から昼過ぎ

    前日閉店時の最終ゲーム数を把握しておくことで、
    朝一から前日ハマり(凱旋900G等)
    なんかを打っちゃたりできるわけです。

    もちろんこれにはホール環境(リセ傾向やライバルの有無)
    も加味しながら、
    効率よく立ち回れそうなホールを3~4店舗ほど持つことができれば
    中々に有利だとおもいます(^^♪

    前日最終ゲーム数がデータ機に表示されホールは使えないの?

    これは使えないと考える人も多いかとおもいます。

    理由は至ってシンプルで、
    下見していない誰もが一目で宵越しG数を把握できるから
    ですね。

    これは間違いではないとおもいます。

    ただ完全に使えないことはないとおもいます。

    まず朝一の話ですが、
    僕のマイホは前日最終G数が確認できるタイプです。

    同じように宵越し天井狙いのライバルはいますが、
    データ機で確認できるのをいいことに下見しない人がほとんどなんですよね。

    朝一開店と同時に手当たり次第確認していく。。
    (しかもマイホでは、データボタンを2回押して表示されるタイプ)

    これでは、前日下見している僕と比べるとスタートダッシュが
    大幅に遅れてしまうことになりますね(^^;)

    前日下見で、狙えるラインのハマり台以外にも
    狙い目の少し手前(凱旋400~600等)
    などもメモしておくと、
    朝一狙い台を消化中に育ってくれて
    「そろそろあの台いい具合に育った頃かな~」と、
    消化中に次に打つ台の立ち回りを頭の中で構成できるので
    消化後にホール徘徊するというタイムロスがなくなります。


    ライバルが多数いるホールでは、一分一秒が大事になってきます。

    ほんとに一歩遅れたことによって、ライバルにとられることなんて
    多々ありますから自分ができる範囲で最速の動きを心がけましょう!(^^)!

    ボーナス間天井の機種でATやARTでデータ機がリセットされないホールは狙い目

    昨今ではボーナス間天井の機種が多数ありますよね(サラ番、花の慶次~宴~など)

    これらの機種を網羅しておいて、
    AT・ART後の内部のゲーム数を控えておくと有利です。

    サラ番などで、データ機110Gで内部が470Gで閉店した台の場合
    翌日100G回しれ捨てられていれば、
    470G+100G=570G
    となるので、狙い目になります。

    下見していない場合前日AT・ART直後の台は
    手を出さないライバルが多数ですからおいしいですね(^^♪

    閉店取り切れず台も要チェック

    これはピンの場合は1店舗でしか使えませんが
    閉店終了台を控えておくとリセ確定となり、
    凱旋や転生などのリセ恩恵の強い機種に使えます。

    全リセ店がある場合はいいのですが、
    ない場合はこのような形でリセ狙いできますね(^^♪

    この場合は、なるべく大型店で設置台数が多く
    稼働が良好な店舗で下見すると閉店台が
    1台でも多く確認できる可能性が高いので
    そのようなホールですることをおススメします!(^^)!

    日本ブログ村に参加しています!
    励みになりますので、
    応援の1クリックしてもらえると喜びます(^^♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    相互RSS






    このページの先頭へ

    アクセスランキング