Amazonから商標権侵害のメール。。対策方法は!?

商標権2

前回に続いて

またもAmazonから脅迫メールが。。

メールタイトルは

「出品用アカウントについてのお知らせ」

から始まるメール。

このタイトルのメールには
いつもヒヤッとしますね(^^;)

スポンサードリンク

商標権侵害の申し立て

何となく
商標権という言葉は聞いたことありますが

実際の意味は
よくわかってなかったんで

調べてみました。

知的財産権のひとつ。 自社の商品と他社の商品とを区別するための文字、図形、記号、色彩などの結合体を独占的に使用できる権利。 特許庁に出願、登録することで、商標権として保護の対象となる。 商標権の存続期間は10年だが、更新も可能である。

引用元:コトバンク

中々とっつきにくい
説明ですね(^^;)

苦手な感じです笑

もう少し噛み砕いた内容が
こちら↓

商標権の最も重要な機能として、自社の商品と他社の商品を区別する機能が挙げられます。ここから様々な機能が派生しています。モルツはサントリーのビール、スーパードライはアサヒのビールといった具合です。これにより、「その商品を作っている会社はあそこだ」とか、「アサヒスーパードライはあの味だな」といった具合に安心感がありますし、一定の品質も保証していることになります。
ただそこに行き着くために企業は多額のお金をかけ、日々プロモーションを行っています。従ってこのブランドを傷つける行為をされたり、第三者に同じ商標を付した商品を販売されることがあれば、企業としては大きな損失となりますので、法律上で保護する必要があります。
その際に、商標権という形で権利を取得していれば、その商標を使っている者に対し、権利者は差止請求権や損害賠償請求権を行使することができますので、速やかな防衛策をとることも可能となります。

引用元:商標ナビ

めっちゃ簡単にいうと

商標権がある商品は
独自ブランドとして販売されている商品なので
第三者が販売しているこち対し、
販売停止請求や損害賠償請求ができる

ってことです。

なので
転売しているなんて

もっての他ですね(^^;)

今まで物販に携わっていながら
この辺りが

疎かになっていたことに
反省です。。

Amazonからの警告メール

商標権

Amazonからの警告メールには

  • 出品と直ちに取りやめる
  • 補足情報を添えて、権利者まで連絡する
  • このどちらかの
    対応を求められます。

    個人的には

    権利者と争うのは
    時間、労力も使いますし

    何よりリスクも生じるとおもいます。

    多少の利益を削ってでも
    他販路で裁くのが懸命かな~とおもいます。

    対策方法

    できる限りこういった事態は
    避けたいところです。

    かといって
    世にあらゆる商品の

    商標権を頭に叩き込むのは
    中々至難の業になります(^^;)

    対策の一つとして

    商標権がある商品を出品する場合は
    下記サイトから

    事前確認しましょう!

    商標権登録ファーム

    こちらのサイトで

    検索をかけてヒットした商品に関しては

    商標権がある商品になるので

    Amazonでの出品はやめておいた方が無難です。

    検索かける対象

    出品する商品全てを検索かけて調べるのが
    完璧なのでしょうが

    やることが多い物販。。

    取扱い在庫が多くなってくると
    中々そうもいかないとおもいます。

    個人的に調べる対象としては

  • 初めて扱うヘルビ系商品
  • 出品者が1~2人の商品
  • 出品者が数十人いたのに、急に出品者が1人になったり
    再度増えたり繰り返している商品
  • この辺りにポイント絞って
    事前調査するだけでも

    防げるかとおもいます(^^)

    今回の警告対象商品は

    初めて出品するヘルビ系でした。

    出品者は20人以上いたので
    なんの疑いも持っていませんでした(^^;)

    やはりヘルビ関係は
    商標権関係で警告がくることが
    多いカテゴリですので

    できる限り
    新規出品の場合は

    調べていきましょう(^^)

    人気ブログ村参加しました!!
    応援の1クリックお願いします(^^♪


    せどり ブログランキングへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    相互RSS






    このページの先頭へ

    アクセスランキング