海外の要期限管理商品表記の見方について。FBA納品時の注意点

最近
海外製品の要期限管理商品を

少しずつ取り扱っているんですが

海外ということで
期限が表記されている部分が最初はわからなくて焦りました(^-^;

どのような感じか
紹介したいとおもいます。

※新たなパターンの表記商品を扱い次第、追記していきたいとおもいます。

スポンサードリンク

パターンA

「USED BY 1 21」

USED BYの部分が賞味期限で

1の部分が月、21年が西暦です。

この商品だと
賞味期限は2021年1月末までということになります。

パターンB

これは探すのに苦労しました笑。

画像赤枠の箇所なのですが
赤枠で記しても刻印が透明な為

画像からは何と記載されているのかわかりません(^-^;

「BEFORE APR 2019」と記載されているんですね。

これは2019年4月より以前に使用し切ってくださいという
意味です。

刻印を探すのに時間かかりましたし、
APRが初めは何のことかわからなかったのですが

APR→APRILの略→4月

ということなんですね。

5月ならMAYと記載されるようです。

納品時の注意点

パターンBなんかは特にそうなんですが
非常に消費期限の刻印がわかるづらいです。

こういった商品は
納品時にWord等で日本語表記のラベルを作成して
商品に張り付けることをお勧めします。

こんな感じで簡易で大丈夫なので
サイズは感覚で商品サイズに適切な大きさに
作って

商品に張り付けるのみです。

初めて
海外製品の要期限を扱う際に

カスタマーに問い合わせたんですが

刻印がわかりづらいものや

表記の意味がわかりづらいものは

日本語表記を張り付ける方が望ましいという
回答がありました。

FBA倉庫の担当によっては

賞味期限が不明という扱いになって
受領拒否になる可能性もありますからね(^-^;

海外表記を扱う際は
若干の手間ですが

この辺りも自己防衛でやっておきましょう。

ブログランキング参加しています!
1ミリでも役に立ったという人は応援の1クリックお願いします♪


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

2 Responses to “海外の要期限管理商品表記の見方について。FBA納品時の注意点”

  1. enomoto より:

    少しおせっかいかもしれませんが、海外の要期限管理商品(サプリ、食品、化粧品など)については、
    海外サイトから個人輸入したものを販売すると食品衛生法にひっかかるのでやめておいた方がいいですよ。
    英字で書かれた成分表の上から日本語で成分が書かれたシールが貼られているものは出品しても可能です。
    販売に供する目的で輸入した商品にはそういうシールが貼られています。
    ので、そういう商品しか扱っていないのであれば全く問題ないですし、本当にただのおせっかいですみません。
    もしそうでなければ、普通に法律違反なので、一発でアカウント停止になっても文句言えないと思います。
    ご参考まで。

    • sei より:

      コメントありがとうございます!

      【海外サイトから個人輸入したものを販売すると食品衛生法にひっかかる】

      この辺りは恥ずかしながら知識として認識していませんでした。
      早急に輸入に関する食品衛生法のサイトを拝見しました。

      扱った商品には幸い、そのようなシールが確認できましたが
      正直意味を理解していませんでした。

      ご指摘を受けなければ今後、
      色々な輸入方に手をつけて法律違反を犯してしまったかもしれません。

      初めて海外商品を扱うとうときに
      事前にカスタマーセンターへは輸入商品に関して
      色々聞いたりしたのですが

      やはり相手も販売のプロではないので
      今回ご指摘のあった内容に関しては教えてくれませんでした。

      販売するプロとして
      自分でその辺りの知識は勉強して
      知った上で販売していかなければ痛い目見ますよね(^-^;

      ご指摘頂き、
      感謝いたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング