自動価格改定ツールは大切だが出品者状況も確認しておこう

ある程度
Amazon販売している人で

価格改定ツールを導入していない人は
少ないとおもいます。

プライスターやマカドを利用すれば
精度が高い価格改定できますし、

有料ツール使わなくても
Amaoznの無料機能で価格改定を自動化することも可能です。

価格改定を自動化することで
時間効率が良くなるので

利用するのは間違いないのですが

商品によっては
出品者状況をしっかり確認することも重要となってきます。

スポンサードリンク

とりあえず最安値にしておけばいいのではない

Amaoznといえば

一つの販売ページを複数の出品者で
共有して販売しているので

ライバル同士の値下げ合戦が起こりやすい環境となっています。

最安値だけがカート取得条件ではないのですが。
(この辺りは割愛します)

価格崩壊しやすいので有名なAmaoznなので
Amaoznで販売するのを嫌うメーカーも少なくありません(^-^;

確かに価格改定をある程度のラインまでは
最安値で設定するのが普通です。

しかし、

場合によっては
出品者の状況も見ることが大切です。

上の画像を例にすると

  • 現在の最安値が2099円で一人のみ
  • ランキング平均7000位程
  • ネットショップ仕入れ可能

このような状態です。

画像一番下の価格の
2400円。

つい最近までは
この価格で普通に回転よく売れていました。

それが
最近になって若干の値崩れを起こしたわけです。

薄利商品なので若干の値下がりが起こると
トントンか赤字ラインに突入してしまいます。

赤字になりやすい商品について
書いている記事があるので参考にしてください↓

【仕入れ失敗編②】仕入れ時に見込み利益があっても赤字商品に転落する可能性がある仕入れ方

上記で書いた状況を
もう少し嚙み砕いてみます。

現在の最安値が2099円で一人のみ

最安値で出品しているのが一人しかいない状況です。

在庫数を確認すると現在の在庫数は6個。

このセラーが在庫切れを起こすと
次の価格は2180円。

在庫数は1個。

一番下の2400円で販売したい場合、

出品者2人の在庫合計7個が売れれば

最安値が2400円になるわけです。

ランキング平均7000位程

ランキングはカテゴリによって
売れている個数目安は変わってきますが

ランキング1万位以内の場合、

出品者が極端に多くない場合だと
ある程度の回転率で売れていきます。

なので

自分の売りたい価格まで
7個だけ売れるのを待てばいいので

たいした時間はかかりません。

ネットショップ仕入れ可能

この商品はネットショップで誰もが
簡単に仕入れ可能です。

誰もが簡単に仕入れできてします商品の為、
寝下がりましたが

ほとんどのせどらーがネットショップで
同条件で仕入れていると考えられます。

なので、
赤字ラインの条件がほとんど同じなんですよね。

最安値出品者が同条件で仕入れていると仮定した場合、
利益なしか赤字ラインで販売していることになるので

在庫を補充して
延々と2099円で販売し続けるのは考えにくいとおもいます。

勿論、
最安値2099円で出品しているセラーは
ネットショップ仕入れではなく、

独自の仕入れルートで安く仕入れている可能性もありますが

様子を見る価値はあるということになります。

まとめ

上記で書いたことは
あくまで状況から今後の動向を予測するものとなります。

勿論、

  • 新たな出品者が現れてさらに値下がる
  • 最安値2099円がずっと在庫を補充し続けて最安値が変わらない

という展開も十分あり得ますが

安易に赤字ラインへ設定してしまうより

利益が出ない価格や、
赤字になる価格に突入する場合は

一度出品者状況を確認して

様子を見る価値があるとおもったら
様子を見てみましょう。

はやく売り抜きたいからと
利益トントンや赤字で売っていては

何をしているのかわからなくなりますからね(^-^;

ブログランキング参加しています!
1ミリでも役に立ったという人は応援の1クリックお願いします♪


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング