Amazonせどりにおいて配送料節約は必須!運送会社との特約は早めに組んでおこう

001885_li

前回FBAキャリアパートナーの
納品方法変更についての記事を書きました↓

【Amazon】FBAキャリアパートナー納品方法一部変更

突然の規約変更はいつものことなので

年末まで予定されている無料キャンペーンも
早期に終了する可能性も十分に考えられます。

現段階では
キャリアパートナーの新規参入を廃止していますし、

キャリアパートナー無料の恩恵は大きいですが

終了してもダメージが少なくなるように
できるだけ運送会社と特約を組むようにしましょう。

スポンサードリンク

組んでいる特約内容

  • 日本郵政
  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 福山通運

上に書いた配送業者は
有名どころです。

名も知れない個人で細々と運営している
配送業者もたくさんあります。

配送会社は色々あるのですが
まずは上記に書いた有名どころに
見積書を依頼してみるのがいいとおもいます。

どこの配送会社が一番安くなるかは

  • 地域
  • 一年の出荷個数
  • 担当者の手腕

個々の条件によって変わってくるので
一概にどこの配送会社が一番安くなるのかはわかりません。

僕が特約を組んでいるのは
日本郵政です。

  • ゆうパケット
  • ゆうメール
  • ゆうパック

これらの配送方法が特約なので
通常利用するよりも安くなっています。

IMG_7219

上の画像は
僕が現状組んでいる特約内容なのですが

配送先地域によって配送料が変動しますが
箱のサイズによっての配送料変動はありません。

納品先倉庫を一番近い倉庫に固定しているので

どのサイズでも変わらず一箱566円で利用できています。
(現在はキャリアパートナーをメインで利用しているので
納品先倉庫は固定してません。)

170サイズから配送料が
上がっていますが

そもそも
今のAmazonでは160サイズ以上は納品不可なので
影響はないです。

特約を組まずに利用する場合

無料でない通常のキャリアパートナーで
一箱1000円以上は必ずかかってきます。

ゆうパックの場合だと

僕は関西在住なんですが
一番近い倉庫となる大阪まで

一番大きいサイズの160サイズを発送した場合

料金

なんと一箱1830円もかかってしまいます!笑

特約後は160サイズでも566円で配送できてしまうので
その恩恵は大きいですね(^^♪

勿論、
ヤマトや佐川を通常利用しても
特約価格以下にはなりません。

ある程度の配送数実績がなければ特約組めないのか?

特約を組むに辺り、
それまである程度ゆうパックを利用した実績が必要なのかと
いうところですが

実績はいりません!

僕はAmazon販売初めてすぐに
倉庫までの配送料金が高いと感じたので

初期の段階で特約を組みました。

担当者からは年間200箱以上~特約対象的なことを
いわれるとおもいます。

始めたばかりで年間200箱以上納品できるか
わからない場合でも

とりあえず

「これから忙しくなるんで200箱以上は利用予定です」

みたいな感じで
ある程度大きく言うのがいいですね。

さすがに特約後に全く利用なければ
解除される可能性もあるとおもいますが

月に数回でも利用していれば
初めから即解除ということはありません。

ただ、
この辺りは担当者にもよるのかもしれません。

僕の場合は
特約開始して間もなくキャリアパートナー無料サービスが
開始したので

日本郵政の利用が大幅に減っていますが

今のところお咎めはありません。

それでも
自己配送では全て日本郵政を利用していますし、

ある程度の個数は利用しているので
今度の更新の際に打ち切りの話が出ることはないとおもいます。

交渉の担当者は何人かに聞くのがベスト

僕が実際に特約を組むまでに

日本郵政の担当者2人と話しています。

実際、一人目の担当者が提示してきた
特約内容があまりよろしくなかったんですよね(-_-;)

同時並行で佐川急便の担当者と
話を進めていましたが

佐川急便の方が安い状況だったので

「佐川急便の方が安いので佐川急便に決めようとおもいます」

と日本郵政に伝えたところ

違う担当者の人がやってきて
その担当者が提示した内容が佐川急便よりも
よかったので

日本郵政に決めることにしました。

その内容が
今の特約内容になります。

まとめ

特約を組む際は

  • できる限り多くの配送会社に聞く
  • ある程度配送会社に目星がついても内容に納得いかない場合は担当者を変えて話す
  • 一年間の納品箱数が200箱以上と自信がなくとも、とりあえずいけるといっておく
  • 他業者の見積書を持参して最大限まで安くしてもらう
  • 一箱10円の差でも
    一月に平均50箱納品するのなら
    年間で6000円の送料節約になります。

    ちりも積もればなんとやら。。

    なので
    少しでも削減していきましょう(^^♪

    人気ブログ村参加しました!!
    応援の1クリックお願いします(^^♪


    せどり ブログランキングへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    相互RSS






    このページの先頭へ

    アクセスランキング