Amazon(FBA)ドラッグストア(旧ヘルス&ビューティー)カテゴリー申請解除

AmaozonのFBAカテゴリー解除の中でも
現在、非常に鬼門とされている

「ドラッグストア」
※旧ヘルス&ビューティー

について自身が解除に至るまでの過程を
赤裸々(?)に書いていきたいとおもいます。

ご覧ください。

スポンサードリンク

厳しくなったのは2016年頃から

Amaoznにはカテゴリー申請が必要なジャンルが
いくつか存在します。

出品許可の申請が必要なカテゴリー

•服&ファッション小物
•シューズ&バッグ
•時計
•ペット用品
•ジュエリー
•ドラッグストア
•食品&飲料
•ビューティー

この辺りですね。

この中でも赤字で記した3点は中々の鬼門になります。

他の5点は手順に沿って進めさえすれば、
簡単に解除することが可能です(※2016年6月現在)

ただ、
とにかく規約などが随時変更なされるのが
Amaozn様でしたから、

ハードルが低いジャンルも今の内に解除しておくべきですね。

食品・ヘルビに至っても
以前はレシート等で簡単に通ったみたいですから。。(^^;)

いつどうのように、
服やペット関連も請求書がどうとかってなるか
わかりませんからね。

正直、
規約変更するのは構わんが、これまでの申請者も再審査するべきでしょ?

ってのが本音ですw

Amazonが審査開始するまでの最低条件

Amaoznに申請をしてから、
Amaoznが審査を開始するまでに最低限満たしていないと
いけない条件があります。

多数あるのですが、
今回は請求書に絞ってかいていきたいとおもいます。
(請求書以外の条件は簡単なので)

仕入れ先から
請求書を発行してもらうにも
細かい規定がいくつかあります。

1.請求書は数量3点未満の場合、審査できません (購入点数が少ないため、継続的な仕入れ・販売を判断できません)。
2.レシートや領収書では審査できません。
3.小売店 (Retailer) が発行した書類では審査できません (小売店:ホームセンター、ドラッグストアー、スーパー、百貨店、個人商店等)。
4.オンライン小売業者からの請求書では審査できません。

上記はカテゴリー申請を通す際の
請求書の規定をAmazonから引用したものです。

ここの条件を踏まえた上で、
僕が実際に請求書を提出する上で、

「Amaozonから通らなかった理由」

を案内された事由を書いていきます。

数量3点以上とは、同一商品を3点以上ということ

おそらく申請される際に

「数量3点以上って同種類?」

「それともそれぞれ違う種類の商品で3点以上??」

地味に悩まれるところかとおもいます。

これは結論からいうと、

「同一商品が3点以上」

となります。

コーラオレンジカルピス・・・不可(✖)

コーラコーラコーラ・・・可(〇)

となるわけですね!(^^)!

(僕は確認もせず、不可のパターンでやってしまいました。。
 わからないことは確認すればいいだけですので、何事も確認ですね!)

請求書に自身の住所、連絡先を記入してもらう

請求書には、自身の氏名だけでなく、

  • 住所
  • 電話番号


上記2点を購入先からキッチリと記入してもらう。

僕はここを抜かしていたことによって
最低条件を満たしていないため審査対象に入りません
といわれました(^^;)

住所や連絡先は、セラーセントラルに登録している
情報と一致していなければいけないので、

引っ越しした等で個人設定を変えていない
場合は変えるようにしましょう。

卸業者でも、小売り業もしている業者では不可

iタウンページなどで検索して
業者一覧を見ていても

「卸業」

としか記載されていないパターンが多々あります。

卸業としか記載がないから
小売りはやっていないというわけではありません。

そこは電話で相手先にしっかり確認した上で仕入れましょう。

僕の場合、
小売りしていないか確認した上で
Amaozonから

「申請頂いた業者は小売りもされている為
基準を満たしていません。」

との返事を受けました。。w

こういった場合はどうしようもないので、
切り替えて次に当たるしかないですね(^^;)

三度目の正直でようやく申請解除

上記の3点で落とされていたのですが、

全てを改善してようやく解除に至りました!(^^)!

厳しくなったとは噂ばかりでなく
本当に細かいところまで見られているという
印象でした。

僕が通ったときは
個数は5つで申請したので
5つで問題ないかとおもいます。
(利益とれる商品でなければ、不要な仕入れはできるだけ抑えたいですからねw)

僕が仕入れた先の業者は、
請求書の伝票を持っていなかったのですが

そういった場合は
自分で請求書の書類を購入(100均)して
記入してもらえば問題ありません。
(相手先の所在地や社名がわかる社判等は押してもらわなければいけません)

上記に挙げたことを
実践していけば
通ることは可能だとおもいます。

食品の解除がまだで、
卸業者を見つけるのに
苦戦しているので、

食品解除されたら
また報告します!

申請解除がまだの方は
ぜひ参考にしてください!(^^)!

人気ブログ村参加しました!!
応援の1クリックお願いします(^^♪


せどり ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS






このページの先頭へ

アクセスランキング